ゲルのお試しを終えて

MENU

オールインワンゲルのメリット

長年使い続けてきた、自分に合った基礎化粧品と比べて、「オールインワンゲル」のメリットを挙げるとしたら…。

 

まずは、通常のスキンケアで、化粧水、美容液、乳液、保湿クリームとするより時間がかからないこと。

 

私の場合は、化粧水と乳液の2ステップで、年齢肌、潤い重視のタイプのものを使っています。

 

気分的に余裕があれば化粧水をていねいに塗ったあとに、温めた手のひらで顔を覆ってよ〜く浸透させます。
それから乳液を塗ってまた手で温めて終わりです。所要時間はだいたい5〜7分くらい。

 

朝の忙しい時間と一日の疲れがドッと出るお風呂上りの気だるい時に5〜7分かけてのスキンケアは正直、毎日、毎回とはいきません。

 

やらないよりはいいでしょ!みたいな感じで、チャチャっと済ませることも…。

 

コスパの良さ

そしてもう一つのメリットは、「オールインワンゲル」に対するコストパフォーマンス

 

毎回、化粧水と乳液を丁寧に時間をかけてお肌に浸透させているなら値打もありますが、いいかげんな使い方をしているとしたらもったいない話です。

 

コスパの良さ

たった2ステップとはいえ、それにコストがかかっている事には違いありませんよね。

しかも、メイク用品・クレンジング・洗顔フォームにもコストが掛かっているのだから…。

 

そうやって改めて考えてみると、必要だからとあたりまえになっていることに気付きました。
だからと言って見直すつもりはないんですけどね。

 

今の私の時間とお金を掛けたスキンケアが決して悪いわけではなく、それでも悩みが無いわけではないから…の理由で、なにか解決できるものはないかなと思うのは自然ですよね。
そこで「オールインワンゲル」の存在が気になるわけですよ。



ホールインワンゲルの保湿力について

一番の魅力は「保湿」を重視して作られていることです。
どんなに高級な化粧品を使っても、お肌事態の環境が整っていなければ効果は無駄になる気がします。有効成分が本当にお肌にちゃんと浸透しているのかも、本当はわかりません。

 

畑に水をやり肥料を与え、土の環境を整えてこそ作物は育つのですよね。お肌を土壌と考えると、水分のない乾いた状態に栄養たっぷりの化粧品を塗ったとしても有効に働くどころか、余分なものになってしまうと思いませんか?

 

乾いた素肌は危険

 

それが結果的にお肌のトラブルを招き兼ねないとも思います。

 

今回「オールインワンゲル」を使ってみた結果、翌朝や夕方までの一日を通してのお肌の状態が確実にいつもより潤っていたということです。

 

この使用感があまりにも衝撃的だったので、確実に私は誘惑されています(笑)